MANCONV(1) マニュアルページユーティリティー MANCONV(1)

名前

manconv - マニュアルページをあるエンコーディングから別のエンコーディングに変換する

書式

manconv -f [from-code[:from-code...]] -t to-code [-dqhV] [filename]

説明

manconv は、 iconv のように、マニュアルページをあるエンコーディングから別のエンコーディングに変換します。 iconv と異なるところは、変換時に複数の入力エンコーディングを順に試みることです。これは明示的にエンコーディングを指定せずにマニュアルページをディレクトリーにインストールし、 UTF-8 と歴史的な文字集合が混ざっている時に役に立ちます。

エンコーディング宣言がマニュアルページの先頭にある場合、その宣言は manconv のコマンドライン指定を上書きします。エンコーディング指定は次のようになります。

'\" -*- coding: UTF-8 -*-

または (マニュアルページ前処理系により宣言された場合)

'\" t -*- coding: ISO-8859-1 -*-

オプション

Try each of encodings (a colon-separated list) in sequence as the input encoding. The default is to guess likely input encodings based on the file name.
encoding へマニュアルページのエンコーディングを変換します。
マニュアルページが変換できなかった場合でもエラーメッセージを表示しません。
デバッグ情報を表示します。
ヘルプメッセージを表示して終了します。
バージョン情報を表示します。

関連項目

iconv(1), man(1), man-recode(1)

著者

Colin Watson (cjwatson@debian.org).

バグ

https://gitlab.com/cjwatson/man-db/-/issues
https://savannah.nongnu.org/bugs/?group=man-db

2022-03-17 2.10.2