MANPATH(1) マニュアルページユーティリティー MANPATH(1)

名前

manpath - マニュアルページの検索パスを設定します

書式

manpath [-qgdc?V] [-m system[,...]] [-C file]

説明

$MANPATH 環境変数が設定されている場合、 manpath は単にその内容を表示し、警告を発行します。設定されていない場合、 manpath は適切なマニュアルページ階層検索パスを決定し、その結果を表示します。

The colon-delimited path is determined using information gained from the man-db configuration file – (/etc/man_db.conf) and the user's environment.

オプション

警告を発行しません。
デバッグ情報を表示します。
manpath に対応する catpath (整形済みマニュアルページのパス) を生成します。一度 manpath が決定してから、それぞれのパス要素に対応する catpath に変換します。
Produce a manpath consisting of all paths named as "global" within the man-db configuration file.
If this system has access to other operating systems' manual hierarchies, this option can be used to include them in the output of manpath. To include NewOS's manual page hierarchies use the option -m NewOS.

system はコンマ区切りの OS 名で指定します。現在の OS のマニュアルページ階層を含める場合は、システム名の引数文字列に man を含めます。このオプションは $SYSTEM 環境変数を上書きします。

デフォルトの ~/.manpath ではなく指定したユーザ設定ファイルを使用します。
-?, --help
ヘルプメッセージを表示して終了します。
Print a short usage message and exit.
バージョン情報を表示します。

環境変数

If $MANPATH is set, manpath displays its value rather than determining it on the fly.

See the SEARCH PATH section of manpath(5) for the default behaviour and details of how this environment variable is handled.

$SYSTEM が設定されている場合、 -m オプションで指定した引数と同様の効果があります。

ファイル

/etc/man_db.conf
man-db 設定ファイルです。

関連項目

apropos(1), man(1), whatis(1)

著者

Wilf. (G.Wilford@ee.surrey.ac.uk).
Fabrizio Polacco (fpolacco@debian.org).
Colin Watson (cjwatson@debian.org).

バグ

https://gitlab.com/cjwatson/man-db/-/issues
https://savannah.nongnu.org/bugs/?group=man-db

2022-03-17 2.10.2