PO4A-UPDATEPO.1P(1) User Contributed Perl Documentation PO4A-UPDATEPO.1P(1)

名前

po4a-updatepo - ドキュメントの (PO フォーマットの) 翻訳を更新

書式

po4a-updatepo -f fmt (-m master.doc)+ (-p XX.po)+

(XX.po は出力ファイル。その他すべては入力ファイル)

説明

po4a (PO for anything) プロジェクトは、gettext ツールが想定していないドキュメントのような領域で翻訳をしやすくすること (またより興味深いのは、翻訳文の保守がしやすくなること) を目標にしています。

po4a-updatepo スクリプトは、PO ファイルの更新を担当し、オリジナルドキュメントのファイルに行われた変更を反映します。そのため、ドキュメントファイルを POT ファイルに変換し、msgmerge(1) を呼び出して、この新しい POT ファイルを PO ファイルに適用します。

複数の PO ファイルと (複数の言語を一度に更新する場合)、あるいは複数の文書ファイル (複数のドキュメントの翻訳を同じ PO ファイルに格納したい場合) を指定することもできます。

マスター文書に非ASCII文字がある場合、このスクリプトは(まだ変換されていない場合)POファイルをUTF-8に変換し、非標準文字を透過的に扱うようにします。

オプション

扱うドキュメントのフォーマットです。有効なフォーマットの一覧を見るには、--help-format オプションを使用してください。
翻訳するマスタードキュメントを含むファイルです。
翻訳するドキュメントを含むファイルの文字セットです。すべてのファイルが、同じ文字セットを使用していなければならないことに注意してください。
更新する PO ファイルです。ファイルが存在しない場合、po4a-updatepo が作成します。
書式プラグインに渡す追加オプションです。有効なオプションやその意味の詳細は、各プラグインの説明書を参照してください。例えば、AsciiDocパーサーには '-o tablecells' を、テキストパーサーには '-o tabs=split' を渡すことができます。
このオプションは、msgmerge に渡すオプションから --previous を削除します。これにより古いバージョンの gettext (バージョン0.16より前)をサポートしやすくなります。
このオプションは、msgmerge に渡すオプションに --previous を追加します。gettext 0.16 以降が必要で、デフォルトで有効です。
msgmerge(1) 用の追加オプションです。
短いヘルプメッセージを表示します。
po4a が理解できるドキュメントフォーマットの一覧を表示します。
スクリプトのバージョンを表示して終了します。
プログラムの冗長度を上げます。
デバッグ情報を出力します。
参照形式を指定します。引数 type は、いずれの参照も生成しない none、ファイルを指定するのみで行番号を指定しない noline、カウンタを増加させることで行番号を置き換える counter、完全な参照を含む full のいずれかを指定できます(既定値:full)。

引数にはコンマを続けた後に wrap または nowrap キーワードのどちらかを付けられます。デフォルトでは、リファレンスは 1 行で書き出されます。wrap オプションは、gettext ツール (xgettextmsgmerge) のようにリファレンスを複数行に折り返します。こちらのオプションの方がより気が利いているため、将来のリリースでデフォルトとなります。元の挙動のままにしておきたいユーザは、nowrap オプションを使用できます。

poファイルの行の折り返し方法を指定します。これにより、適切に折り返されているがgitの競合につながる可能性のあるファイルか、もしくは自動的に処理しやすいものの人間にとっては読みにくいファイルかのいずれかを選択できます。

歴史的に、gettext スイートは見た目上の理由で、POファイルを77列目で折り返すよう再フォーマットしてきました。このオプションは po4a の動作を指定します。数値に設定された場合、po4aはこの列の後と、内容の改行の後でpoファイルを折り返します。newlinesに設定すると、po4aはmsgidとmsgstrを内容内の改行の後でのみ分割します。noに設定すると、po4aはpoファイルでの行折り返しを一切行いません。参照コメントの折り返しは、--porefsオプションで制御されます。

このオプションは、msgidとmsgstrの折り返し方法、すなわちこれらの文字列の内容にどのように改行を追加するかには影響しないことに注意してください。

msgid のバグレポートを送るアドレスをセットします。デフォルトでは、生成した POT ファイルに Report-Msgid-Bugs-To フィールドはありません。
POT ヘッダの著作権者 (copyright holder) を設定します。既定値は "Free Software Foundation, Inc." です。
POT ヘッダのパッケージ名をセットします。デフォルト値は "PACKAGE" です。
POT ヘッダのパッケージバージョンをセットします。デフォルト値は "VERSION" です。

関連項目

po4a-gettextize(1), po4a-normalize(1), po4a-translate(1), po4a(7)

著者

Denis Barbier <barbier@linuxfr.org>
Nicolas François <nicolas.francois@centraliens.net>
Martin Quinson (mquinson#debian.org)

訳者

倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>
Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>

著作権とライセンス

Copyright 2002-2023 by SPI, inc.

本プログラムは自由ソフトウェアです。GPL v2.0以降の条項に基づき再頒布と変更を行えます(COPYINGファイルを参照)。

2024-02-07 perl v5.38.1