MSGUNTYPOT.1P(1) User Contributed Perl Documentation MSGUNTYPOT.1P(1)

名前

msguntypot - POT ファイルのタイプミス修正時に PO ファイルを更新

書式

msguntypot -o old_pot -n new_pot pofiles ...

説明

POT ファイルにおいて、翻訳にまったく影響を与えない些細なエラー (例: タイプミス) を修正した際は、翻訳者に余計な作業をさせないように、翻訳した PO ファイルの対応する msgstr の fuzzy を外すべきです。

この作業を手で行うのは難しく、誤りが混入する傾向にあります。このツールはそれを正しく行う手助けをします。必要なのは、上記の書式にある前の版と後の版の POT ファイル二つだけで、後はすべて自動的に行います。

使用方法

簡単に言うと、あなたの「英語の」メッセージにタイプミスを見つけたら、以下のようにしてください:

make -C po/ update-po # メッセージプログラム翻訳用
debconf-updatepo      # debconf 翻訳用
po4a po4a.conf        # po4a ベースのドキュメント翻訳用

といった感じですが、プロジェクトでのビルド方法によります。POT や PO ファイルが最新のものであることを確かめる方法を知っていますよね?

cp myfile.pot myfile.pot.orig
- 全POファイルをコピーします。
mkdir po_fridge; cp *.po po_fridge
- タイプミス修正。
$EDITOR 誤植があるファイル
上記を参照してください。

この時点で、タイプミスを修正することですべての翻訳が fuzzy となりますが、メインディレクトリの po ファイルと fridge に置いた PO ファイルとの不幸な変更は、一つだけのはずです。これを以下の手順で解決します。

cp po_fridge/*.po .
- 意味のない fuzzy を考慮しつつ、PO ファイルと新しい POT ファイルの手動マージ。
msguntypot -o myfile.pot.orig -n myfile.pot *.po
- 後片付けをします。
rm -rf myfile.pot.orig po_fridge

以上で完了です。POT ファイルと PO ファイルの双方の msgstr からタイプミスを根絶しましたし、このプロセス中に PO ファイルは fuzzy になりませんでした。翻訳者は、あなたを大好きなままでいてくれることでしょう。

関連項目

その名前にもかかわらず、このツールは gettext ツールスイートの一部ではありません。po4a の一部です。もっと正確に言うと、これはすばらしい po4a モジュールを使用する、不格好な Perl スクリプトです。po4a についての詳細情報は、以下を参照してください:

po4a(7)

著者

Martin Quinson (mquinson#debian,org)

訳者

倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>
Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>

著作権とライセンス

Copyright 2005 by SPI, inc.

本プログラムは自由ソフトウェアです。GPL v2.0以降の条項に基づき再頒布と変更を行えます(COPYINGファイルを参照)。

2024-02-07 perl v5.38.1