LOCALE::PO4A::DOCBOOK.3PM(1) User Contributed Perl Documentation LOCALE::PO4A::DOCBOOK.3PM(1)

名前

Locale::Po4a::Docbook - PO ファイルと DocBook XML ドキュメントの変換

説明

po4a (PO for anything) プロジェクトは、gettext ツールが想定していないドキュメントのような領域で翻訳をしやすくすること (またより興味深いのは、翻訳文の保守がしやすくなること) を目標にしています。

Locale::Po4a::Docbook は、DocBook XML ドキュメントをほかの [自然] 言語へ翻訳するのを助けるモジュールです。

このモジュールの状態

このモジュールは、全機能を Locale::Po4a::Xml に依存しています。ここでは、翻訳できるタグと属性を定義しているだけです。

確認されている課題は、エンティティをまだ扱えないということだけです。これにはファイルをインクルードするエンティティが含まれますが、ファイル単体での翻訳は行えます (典型的なエンティティファイルは除く)。通常は分割されている方がメンテナンスしやすいです。

コマンドラインオプションで既定の挙動を上書きする

モジュールが提供するシステムの既定の挙動は安全なものになるように設定されています。

例えば既定の<author>タグは<para>の下に現れるようになっています。しかし<bookinfo>の下でのみ使いたいことがあるかもしれません。この場合、それぞれの著者について独立に翻訳したいかもしれません。

もしxmlモジュールやその派生のモジュールの既定の挙動が気にいらなければ、コマンドラインオプションを与えてそうした挙動を変えられます。例えば以下をpo4aの設定ファイルに加えることができます。

opt:"-k 0 -o nodefault=\"<bookinfo> <author>\" \
          -o break=\"<bookinfo> <author>\" \
          -o untranslated=\"<bookinfo>\" \
          -o translated=\"<author>\""

これは<bookinfo><author>の既定の挙動を上書きし、タグ <bookinfo>とタグ <author>のところで入力データストリームを中断するように、<bookinfo>ではタグ付けされた内容を翻訳しないように、<author>ではタグ付けされた内容を翻訳するように、それぞれ設定しています。

関連項目

Locale::Po4a::TransTractor(3pm), Locale::Po4a::Xml(3pm), po4a(7)

著者

Jordi Vilalta <jvprat@gmail.com>

訳者

倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>
Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>

著作権とライセンス

Copyright © 2004 Jordi Vilalta  <jvprat@gmail.com>
Copyright © 2007-2009 Nicolas François <nicolas.francois@centraliens.net>

本プログラムは自由ソフトウェアです。GPL v2.0以降の条項に基づき再頒布と変更を行えます(COPYINGファイルを参照)。

2024-02-07 perl v5.38.1